ランナーズニー(腸脛靭帯炎)

江南市 膝の痛み ランナーズニー 

 腸脛靭帯炎は膝の外側(大腿骨外側上顆)付近で腸脛靭帯、及び滑液包(最近の研究では脂肪体)が炎症を起こし痛みが発生します。

 

 別名「ランナーズ・ニー」とも呼ばれるようにランニングをしている方に多く発生する症状です。

 

江南市 膝の痛み ランナーズニー 

 腸脛靭帯は股関節外側の筋群(大腿筋膜張筋、中臀筋、大臀筋)からの筋膜である大腿筋膜の一部であり、大腿筋膜張筋下端から膝下の骨・脛骨粗面の外側までに位置します。

 

江南市 膝の痛み ランナーズニー 

 膝の屈伸動作が行われる際、腸脛靭帯は大腿骨外側上顆の外側で何度も擦れることになります。したがって、膝の曲げ伸ばしを素早く繰り返すランニングは腸脛靭帯に、かなりの負担となります。

 

 日頃からランニングを適度に行っているのであれば、問題にはなりませんが、久しぶりのランニングであったり、過度のトレーニングや履き慣れない靴、慣れない路面などが要因となって起きるランニングフォームの崩れなども腸脛靭帯に負担となります。

 

 もちろん、ランニングだけに限らず、普通に生活していても腸脛靭帯につながる筋肉に疲労や過緊張が生まれていれば、膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで腸脛靭帯の摩擦ストレスが増えることになりますので、腸脛靭帯炎を起こす可能性があります。

 

 当店では「腸脛靭帯炎」が疑われる場合、股関節外側の筋群(大腿筋膜張筋、中臀筋、大臀筋)や大腿四頭筋(特に外側広筋)の状態を検査し、過緊張を取り除いていきます。

 

 また、これらの筋肉を過緊張させる根本原因が足首や骨盤などに隠れていることもありますので、併せて検査・調整を加えてまいります。

 

 外側広筋とのバランスが重要な内側広筋に弱化が見られる場合は筋力強化のトレーニング法をアドバイスします。

 

 尚、膝外側での痛みが強い場合は炎症反応を強くしてしまう可能性があるので、患部である膝外側付近への強い刺激は加えません。必要に応じて、テーピングなどで負担の軽減を図ります。

膝痛について詳しくはこちら

膝痛

この記事に関する関連記事

整体院 江南健生堂

〒491-0101愛知県江南市古知野町千丸20-1