腰痛と広背筋

江南市 腰痛 

 

 腰痛が酷くて病院に行ったにも関わらず、そのうちの85%の人はお医者さまに「原因不明です!」と言われるそうです。

 

 もしかしたら、あなたも原因不明の腰痛患者の一人かもしれません。

 

 病院や整形外科ではレントゲンなどの画像検査で、骨の異常や骨折、椎間板の損傷、神経の圧迫などを確認します。

 

 しかし、それらに問題がなければ「異常はありません。取り敢えず薬を出しておきますので、それでしばらく様子をみてください」と言われて終了になることが多々あります。

 

でも、病院でもらった薬を服用しても、患部に湿布を貼っても、症状に変化は一切なく、辛い状態が続いて困っている方が沢山います。

 

 当店では原因不明と言われた腰痛患者のほとんどは、筋肉(・筋膜)が原因ではないかと考えています。

 

 しかも、その原因となる筋肉は患部である腰周辺の筋肉とは限らず、一見何の関連もないような(患部から)遠く離れた部位の筋肉が原因かもしれません。

 

 今回、ご紹介する筋肉も一見、腰痛とは全く関係がないと思われるようなところにある筋肉になります。

 

 その筋肉の緩めるポイントはコチラです。

江南市 腰痛

 この脇の下に位置する筋肉を緩めるだけで腰痛が嘘のように楽になる方がいらっしゃいます。

 

 でも、そう言われても全然ピンときませんよね!

 

 では、次にこの部位の筋肉を解剖図で表示いたします。

 

 実はこの筋肉はこんな感じになっています。

江南市 腰痛

 どうでしょう!解剖図で見たら、なんとなく腰痛が楽になる理由がわかりませんか?

 

 そうなんです。この筋肉、緩めるポイントは脇の下になりますが、実は背中を介して腰のあたり一体まで広がるとっても大きな筋肉なんです。

 

 筋肉名はズバリ「広背筋(コウハイキン)」、その名の通り、中を覆う肉なんです。

 

 なので、脇の下の部位で筋肉が縮こまって硬くなると腰のあたりまで筋肉が緊張して腰痛を招くのです。

 

 広背筋は上腕を「内転」「内旋」「伸展」させる作用の筋肉なので、日常の中でモノを手前に引き寄せたり、脇を「ギュッ」と閉めたりする動作を繰り返していると疲労が溜まって、硬くなりやすいです。

 

 おまけにこの筋肉は肩甲骨を下方に引っ張るので「肩こり」を招く原因にもなっています。

 

 ですから、「腰痛」「肩こり」の両方で悩んでいる方には、原因として一度はチェックをしておくべき鉄板の筋肉になります。

 

 あなたの「腰痛」「肩こり」も脇の下の筋肉を緩めるだけで楽になるかもしれませんよ。

整体院 江南健生堂

〒491-0101愛知県江南市古知野町千丸20-1