有痛性外脛骨

有痛性外脛骨 江南市

 長時間歩いたり、立ったりした後で、足の内くるぶしのやや斜め下付近に強い痛みを感じることはありませんか?

 

 しかも、痛みを感じる部位が下の写真のように「ボコッ」と骨が出っ張っていたりはしませんか?

 

有痛性外脛骨 江南市

 もしかしたら、その痛みは有痛性外脛骨(ゆうつうせいがいけいこつ)」と呼ばれる状態かもしれませんよ!

 

 もうすでに病院などを受診してそのような診断をされているかもしれませんが、聞きなれない言葉なので知らない方もいると思いますので、少し詳しく説明します。

 

 「有痛性外脛骨」は「有痛性」と書くぐらいなので当然「痛みを伴う性質を持った外脛骨」ということになります。

 

 そして、「外脛骨」とは何かと言いますと「過剰骨」と呼ばれる骨のひとつで、誰の骨格にも存在する骨という訳ではありません。

 

 本来であれば、成長の過程で一つの骨としてくっつくべき軟骨が、くっつかずに残ってしまった余分な骨です。

 

 「過剰骨」は「外脛骨」の他、全身のどこにでも発生します。

 

有痛性外脛骨 江南市

 この骨は日本人の場合、15~20%ぐらいの方に見つかると言われています。また、女性の割合の方が多いとも言われています。

 

 しかし、「外脛骨」をお持ちの方の全員が痛みを感じる訳ではありません。

 

 骨の出っ張りが目立っていても、痛みもなく日常生活を過ごされる方もたくさんいらっしゃいます。

 

 なので、痛みを伴う外脛骨のことをわざわざ「有痛性外脛骨」と表現しているのです。

 

 では、「有痛性外脛骨」になるか?「(無痛性)外脛骨」になるか?を分ける違いを説明していきます。

 

 その前に、そもそも、「有痛性外脛骨」の痛みの原因とは一体なんだと思いますか?

 

 ズバリ、「有痛性外脛骨」の痛みの原因は外脛骨に付着する筋肉による過剰な牽引ストレスです。

 

有痛性外脛骨 江南市

 その牽引ストレスによって外脛骨が炎症を起こして、痛みを招いています。

 

 外脛骨は内くるぶしのやや斜め下・前方に位置します。

 

 そして、外脛骨にはひざ下の骨(脛骨)の後面から伸びてくる「後脛骨筋(こうけいこつきん)」という筋肉の腱が付着しています。

 

 「外脛骨」はそもそも「過剰骨」なので、全ての人に存在する訳ではありません。なので「外脛骨」がない人の場合は「後脛骨筋」の腱は舟状骨という骨に付着します。

 

 逆に「外脛骨」を持つ方は外脛骨と舟状骨が隣接しています。その時の隣接タイプも人によって異なります。

 

三つの隣接タイプがあります。

  1. 間隔を保って密着していない
  2. 軟骨板を介して結合
  3. 骨同士が癒合

有痛性外脛骨 江南市

 このうちの2番のタイプが最も多く存在し、そして、後脛骨筋による外脛骨への過剰な牽引ストレスが原因となって外脛骨と舟状骨を結ぶ軟骨板に亀裂が入って炎症が起き、痛みが起こります。

 

 そして、「有痛性外脛骨」となるか?ただの「(無痛性)外脛骨」になるかを分ける違いは、後脛骨筋による外脛骨への牽引ストレスが過剰になるか?過剰にならないか?の違いです。

 

後脛骨筋による外脛骨への過剰ストレスを招く誘因が次のようなものになります。

  1. 飛んだり、走ったりなどの激しい運動による負荷(特に成長期の学生)
  2. 長時間に及ぶ繰り返しの動作
  3. 捻挫などの外傷
  4. 骨格のゆがみ、特に外反偏平足(足部の骨のゆがみ)

 従って、これらの誘因によって起こる過剰ストレスを取り除くことで、症状を和らげたり、解消することが出来ます。

 

病院などの医療機関では次のような治療や指導が行われています。

  1. 安静や運動を一時的に中止
  2. 後脛骨筋に対するマッサージやストレッチ
  3. 消炎鎮痛剤の処方
  4. インソール(靴の中敷)処方

 しかし、実際には上記の方法でも痛みが治まらない方もいます。

 

 その場合は外科的手術により、外脛骨自体を除去します。

 

 しかし、手術はどうしても嫌という方も多く、そういった方々が当店に「なんとかなりませんか?」と相談に来られます。

 

江南健生堂では

 当店では、後脛骨筋による牽引ストレスを軽減させる目的で当然「後脛骨筋」自体の硬さを取り除く整体をおこないますが、実際にはそれだけでは「有痛性外脛骨」の痛みを取り除くことは出来ないと考えています。

 

 当店では「後脛骨筋」とつながりのある他の筋肉(筋膜)も同時に緩め、また、足部のゆがみだけでなく、骨盤や背骨のゆがみも合わせて調整していきます。

 

 そのようにして、外脛骨に対する牽引ストレスを軽減させていくと「有痛性外脛骨」の痛みは確実に和らぎ、手術をせずに「快適な日常生活」「素敵な笑顔」を取り戻していただけます。

 

 もし、「有痛性外脛骨」と思われる症状でお悩みであれば、一度当店にご相談ください。

 

 あなたからのご連絡をお待ちしております。

足のトラブルについて詳しくはこちら

足のトラブル

この記事に関する関連記事

整体院 江南健生堂

〒491-0101愛知県江南市古知野町千丸20-1