オスグット病(膝下の痛み)

オスグット病 膝痛 江南市

小学校高学年~高校生ぐらいのお子様が次のような「膝下の痛み」を訴えてはいませんか?

  • ・走ったり・ジャンプしたりすると痛む。
  • ・正座をしようすると痛む
  • ・ひざ下の骨が「ボコッ」っと膨らんでいて、押すと痛む。
  • ・膝の曲げ伸ばしが辛い。

 それは「オスグット(シュラッター)病」という成長期の子供によく見られる膝下の痛みかもしれません。

 

 オスグット病は、一般的に激しい運動やスポーツを行っている成長期のお子様、特に男児によく見られる疾患です。

 

オスグット病 膝痛 江南市

 原因は患部である膝下の骨「脛骨(の粗面)」に付着する膝蓋靭帯と連結する筋肉(太もも前面の大腿四頭筋)の使い過ぎ(オーバーユース)がメインではありますが、成長痛の一つとも考えられています。

 

 なので、カラダの成長、特に骨の成長に筋肉や靭帯の成長が追いつけずに、四頭筋・膝蓋靭帯による脛骨付着部を引っ張る力(牽引ストレス)が過剰にかかり、炎症を招いています。

 

 重症になると付着部の骨の表層が剥離し、余計痛みが強くなります。

 

オスグット病 膝痛 江南市

 このような状態で整形外科などの医療機関に行くとレントゲンで確認して、「成長痛なので、仕方がありません。しばらく激しい運動は中止して、安静に過ごしてください。そうすれば、そのうち痛みも引きますよ」と言われたりします。

 

 または原因になる太もも前面の筋肉のマッサージやストレッチをアドバイスされますが、それだけでは中々痛みが治まらないことがほとんどです。

 

 たしかに、成長痛であれば、ある程度の痛みは仕方がありません。

 

 しかし、安静にしていても、日常生活の活動だけで何ヶ月も痛みが続いてしまうお子様もいらっしゃいます。

 

 なかには、一時の強い痛みは治まるものの、運動で膝を曲げ伸ばしする度に痛みが出るような後遺症が残ってしまう子供もいます。

 

 親としても長い期間、子供に運動の制限をさせるのは辛いですよね。当然、子供本人も辛いと思います。まして、運動やスポーツが好きな子にとっては余計ですよね。

 

オスグット病 膝痛 江南市

 江南健生堂では、少しでも早く痛みから解放されて、好きな運動・スポーツを再開できるようにお手伝いをしたいと考えています。

 

 原因の本質は患部を引っ張る筋・靭帯の牽引ストレスで間違いありませんが、太もも前面の筋肉・大腿四頭筋の硬さだけが原因ではありません。

 

 筋肉は筋膜という筋肉を包んでいる膜を介して全身がつながっています。

 

 なので、大腿四頭筋とつながりの強い腹部や頸部の筋肉も同時に緩めたりすると痛みが軽減します。

 

 下図の青色で塗られた筋肉はつながりが強い筋肉同士です。

 

オスグット病 膝痛 江南市

 また、膝関節近くの関節(股関節・仙腸関節・足関節)も見て、関節の可動性を広げるとさらに痛みは激減します。

 

 その結果、以前のように好きな運動・スポーツがすぐに再開できるようになります。何ヶ月も安静で過ごす必要はありませんからご安心ください。

 

 とは言え、まだ大丈夫と思って痛みを我慢しながら、運動を続けていると病状をこじらせて、回復が遅れることになりますので、痛みが2週間とか続くようであれば、早急にご連絡ください。

 

 早ければ早いほど、良くなるまでの時間も短くて済みます。

 

 あなたからのご連絡をお待ちしております。

 

 尚、江南健生堂では「子供整体」という形で、小学生~高校生までのお子様の整体料金を一般成人料金の半額で対応させていただいております。

 

膝痛について詳しくはこちら

膝痛

この記事に関する関連記事

整体院 江南健生堂

〒491-0101愛知県江南市古知野町千丸20-1