シーバー病(踵骨骨端症)

シーバー病 かかとの痛み 江南市

 サッカーやバスケ・テニス・剣道などの激しい運動をしている10歳前後のお子さんが「踵(カカト)の痛み」を訴えたら、それは「シーバー病(セーバー病)」かもしれません。

シーバー病 かかとの痛み 江南市

 「シーバー病」「踵骨骨端症(ショウコツコッタンショウ)」とも言います。

 

 成長期までの子供の骨には「骨端軟骨」という成長過程の柔らかい軟骨部分が存在します。

シーバー病 かかとの痛み 江南市

 そして、その骨端軟骨に付着する筋肉が何度も何度も強く引っ張ると(牽引ストレス)柔らかい骨端軟骨は傷つき、痛みが出ます。

 

 しかも、痛みがある事で患部周辺の血流は悪くなり、余計に治りが遅くなります。

 

シーバー病 かかとの痛み 江南市

*成長期を過ぎた成人の踵はしっかりしているので同様の負荷が掛かっても、踵自体が痛むことはほぼありません。むしろ踵に付着する筋(腱)の方が痛みます(例、「アキレス腱炎」や「足底筋膜炎」)。

 

  • ・ダッシュやジャンプ、ターンなどをすると痛む。
  • ・激しい運動後に痛む。
  • ・踵を押すと痛む。
  • ・朝起きた直後、床に足をつけると痛む。

 これらの痛みは、「シーバー病」の可能性が高いです。

 

 先程も言ったように、「シーバー病」は成長期までの子供に発症する疾患ですので、「成長痛」の一つと言えます。

 

 従って、病院を受診して「シーバー病」の診断がされても、お医者様からは「成長痛だから、痛みは仕方ないね。運動などは控えて安静に過ごしていれば、そのうち痛みは治りますよ」と言われるだけの場合もあると聞きます。

 

 実際、当店に来られる患者様の親御さんからも同様のことを何度も聞いています。

 

 でも、それだけで片付けられてしまっては辛いですよね。

 

 踵(カカト)の痛みが辛いのは当然です。出来れば、すぐに踵の痛みを取り除きたいですよね。

 

 でも、それ以上に辛いのは、この痛みのせいで、好きな運動やスポーツが出来ない事ではないでしょうか。

 

 だから、「運動は控えて、安静に過ごしてください」と言われるのは何よりも辛いことでしょう。

 

 「シーバー病」はふくらはぎにある筋肉によって、何度も何度も引っ張られること(過剰な牽引ストレス)が原因で発症することは間違いありません。

 

 それはつまり

 

「それだけ一生懸命、頑張ってきた証拠」でもあります。

 

「それだけ好きでのめり込んできた結果」でもあります。

 

 それが「明日からは一切中止して、安静に過ごしてください」と言われたらショックですよね。

 

シーバー病 かかとの痛み 江南市

 本人はもちろんですが、そんな子供の悲しい姿を見せられる親もショックですよね。

 

 江南健生堂でも「シーバー病」は成長痛の一つと考えていますが、必ずしも「安静」に過ごすことが唯一の選択肢であるとは考えていません。

 

 症状の程度(重症)によっては、ほんのわずか、ひと時だけは安静が必要かもしれませんが、何ヶ月も安静に過ごす必要はありません。

 

 中等度以下(6割の力で走っても痛みが出ない程度)の状態であれば、整体を受けながら運動も続けることが出来ます。

 

 江南健生堂では「シーバー病」に対し、一部の筋肉の問題とは考えません。全身を見て整体を施します。日頃の姿勢やカラダの使い方もみていきます。

 

 筋肉は筋膜という筋肉を包む膜を介して全身がつながっています。

 

 なので、ふくらはぎの筋肉の硬さを緩めるだけでは「シーバー病」は良くなりません。

 

 ふくらはぎの筋肉と機能的につながる他の部位の筋肉も緩める必要があります。

 

 意外に思われるでしょうが、おでこ(前頭部)の皮膚(筋肉)を緩めるだけで、踵の痛みが軽減することもあります。

 

 下図で青色で示された筋肉は機能的につながりを持っています。

 

シーバー病 かかとの痛み 江南市

 また、筋肉だけではありません。骨盤や股関節などの関節を調整する必要があるかもしれません。

 

 もしかしたら、病院でふくらはぎや足裏(の筋肉)のストレッチやマッサージをアドバイスされたかもしれませんが、やり方を間違えると逆効果になることもあります。

 

 当店でも必要に応じて、ストレッチやマッサージなどのセルフケアをアドバイスしますが、その際は、セルフケアの目的や正しいやり方・ポイントなども必ず一緒にお伝えします。

 

 そうしないと折角のセルフケアが全く意味の無いものになってしまうからです。

 

 ただ「ここの筋肉をマッサージしておいて」などと伝えるだけのことは致しません。それでは、かえって症状を悪化させてしまうかもしれません。

 

繰り返しますが、「シーバー病」は「安静」が唯一の治療法ではありません。

 

 整体によって、早期回復が見込める疾患です。

 

 だからと言って、「まだ大丈夫!」と我慢していると症状がこじれてしまい、回復に時間が掛かることになります。

 

 もし、激しい運動・スポーツをしている10歳前後のお子さんが2週間以上、踵の痛みを訴えているようであれば、すぐにご連絡ください。

 

 早ければ早いほど、回復までの時間も短くて済みます。

 

 江南健生堂でしっかり見ていきますので、症状の解決に向け、一緒に取り組んで行きましょう。

 

 そして、一日も早く以前のように思いっきり身体が動かせるようになりましょう!

 

 尚、江南健生堂では「子供整体」という形で、小学生~高校生までのお子様の整体料金を一般成人料金の半額で対応させていただいております。

 

 あなたからのご連絡をお待ちしております。

 

足のトラブルについて詳しくはこちら

足のトラブル

この記事に関する関連記事

整体院 江南健生堂

〒491-0101愛知県江南市古知野町千丸20-1