坐骨神経痛

江南市 整体 江南健生堂 坐骨神経痛

江南市 整体 江南健生堂 坐骨神経痛

「坐骨神経」は、お尻から足まで伸びる人体最長(およそ1メートル)の神経で、鉛筆ぐらいの太さがあります。

 

そして、この「坐骨神経」の走行ルートのいずれかの部位において圧迫などの刺激が加わることで、坐骨神経の支配領域である「お尻」「太腿(ふともも)の裏側・外側」「すね」「ふくらはぎ」「足」などに「痛み」が出ます。

 

それが「坐骨神経痛」です。

 

しかも、症状は「痛み」だけとは限りません。人によっては「シビレ」「だるさ」「筋力低下」などの症状も現れます。

 

あなたにも次のような症状はありませんか?

  • 自動車を運転していると脚が痺れてくる。
  • 歩いていると徐々にお尻が痛くなってくる。
  • 足の甲や足裏の感覚が常にオカシい。
  • ふくらはぎに突っ張った感じがする。
  • 立っているだけなのにスネに痛みを感じる。
  • 夜中寝ている時、脚に激痛が走り、起きてしまう。
  • 中腰で作業をしていると脚がだるくなってくる。

 

「坐骨神経痛」はあくまでも症状を表す名前であり、これ自体は病名ではありません。

そして、「坐骨神経痛」を招く原因は様々です。

代表的なモノとして「腰部椎間板ヘルニア」「腰椎分離・すべり症」「ぎっくり腰」、高齢者に多く発症する「脊柱管狭窄症」、さらには「脊髄腫瘍」などがあります。

 

これらが原因となって症状が現れている場合は、レントゲンやMRIなどの画像検査で調べれば、確定診断ができます(中には、画像では明らかなヘルニアが見つかっても、腰痛や脚のシビレなどの症状が出ない方もいます)。

 

しかし、「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」などの診断を受けて、リハビリや鎮痛薬・湿布などの治療を行っても、一向に症状が良くならない人がいます。

 

当店にも「病院で治療を受けているけど、一向に良くならない」といって来店される方が多数いらっしゃいます。

 

そういった方たちにお話を伺うと病院では最後の手段として「手術」を受けることを提案されたとおっしゃいます。

 

もしかしたら、あなたも既に「手術」を提案されていませんか?

 

ですが、「ちょっと待って下さい!」

 

「手術」を受けたからといって、必ずしも「坐骨神経痛」が改善されるとは限りません。「手術」を受けても、症状が一向に変わらない方も中にはいらっしゃいます。

 

というのも、レントゲンやMRI検査による「画像ではわからない(映らない)モノ」が原因で「坐骨神経痛」を発症している場合が結構あるからです。

 

なので、高額費用となる「手術」、まして受けたからといって必ず治るという保証がある訳でもない「手術」という選択肢は最後の最後までとっておいてください。

 

そして、手術を受ける前に以下のことも知っておいてください。

 

「画像には映らない軟部組織・筋肉などが原因で坐骨神経痛が出ているケースが結構ある」ということを。

 

そこで、このページではなかなか改善しないお尻や脚の痛み・シビレの原因として考えられることについて、いくつか取り上げていきたいと思います。

 

①梨状筋による神経圧迫(梨状筋症候群)

梨状筋は骨盤の一部を構成する仙骨の前面から大腿骨の「大転子」に付着する臀部深層のインナーマッスルです。

 

江南市 整体 坐骨神経痛

 この筋肉の働きは大腿骨を外側に捻じる動き、つまり「外旋」をします。そして、この梨状筋の真下を坐骨神経が通過するので、梨状筋が過度に緊張したりすると坐骨神経を圧迫することになり、「坐骨神経痛」を招きます。

 

 人によっては坐骨神経が梨状筋の下ではなく、梨状筋の筋繊維の間を貫通することもあります。そのような場合は、神経の圧迫をさらに受けやすくなります。

 

骨盤のゆがみ

 「骨盤のゆがみ」があることで、イスに座っている時など座面に対する体軸のバランスが崩れ、左右のどちらかに体重が掛かり、坐骨神経を圧迫して、症状が現れます。

江南市 整体 坐骨神経痛

 デスクワークが長い方や長時間の自動車運転でも症状が出やすくなります。足を組むクセやズボンのお尻ポケットに厚い財布などを入れているとやはり神経の圧迫が強まります。

 また、ゆがみがあることで下半身の血液循環も悪くなるので、痛みを招きます。

 

仙腸関節の可動性減少(仙腸関節機能障害)

 骨盤内の関節である「仙腸関節」は1~3ミリ程度のわずかな可動性を持ち、歩いたり、走ったりと言った動きの中で生まれる衝撃を和らげる大事な働きをします(サスペンション機能)。

 

 しかし、このサスペンション機能が骨盤周りの筋肉の硬さや関節のズレで働かなくなると股関節や膝関節・足関節などにも影響し、坐骨神経痛を招きます。

 

筋肉の硬結による関連痛(トリガーポイント)

 臀筋群(大殿筋・中臀筋・小殿筋)や大腿骨外旋六筋(梨状筋など)、大腿後面筋(ハムストリングス)などの筋肉線維の硬結が原因で坐骨神経痛を招きます。

 

 トリガーポイント(筋硬結)は筋肉を過度に使用したり、外傷などがキッカケでできます。できてしまったトリガーポイントは普通のストレッチや安静にしておくだけでは解消されません。

 

上記のように、「坐骨神経痛」とは言っても、その原因はいくつも考えられますので、闇雲に症状が出ている「お尻」や「太腿」「足」などの患部を調整すれば良いという訳ではありません。

 

整体法もそれぞれの原因に合わせたものを行わなくては、良くなる症状も良くなりません。

江南健生堂では「カウンセリング」や「検査」をしっかり行い、症状の原因を見つけ出します。

江南市 整体 江南健生堂 坐骨神経痛

 そして、見つけ出した原因に対して整体を行ってまいります。

江南市 整体 江南健生堂 坐骨神経痛

 ただし、当店では「首や背骨のゆがみが痛みや不調の根源」であり、「首や背骨のゆがみを整えれば、身体に備わる自然治癒力が活性化し、症状が良くなるのはもちろんの事、症状の再発も防げ、一時的に症状が出たとしても、ひと晩寝れば朝には健康な状態に戻ることができる」と考えますので、「首・背骨の調整」を最優先で行います。

 

 その上で、先にお伝えしたように「カウンセリング」「検査」で見つけ出した原因に対してアプローチをしてまいります。

 その結果、あなたはお悩みの症状から解放され、「快適な日常生活」「素敵な笑顔」を取り戻していただけます。

 

 もし慢性的な「痛み」や「不調」でお悩みなら、まずはお気軽にお電話下さい。

江南市 整体

江南市 整体

江南市 整体

江南市 整体

  月曜日の15時までは「出張整体」で外出しているかもしれません。

 また、お昼休み(12時 ~ 14時)も所用で外出している場合があります。

 当日予約も受け付けております。

坐骨神経痛に関する関連記事

整体院 江南健生堂

〒491-0101愛知県江南市古知野町千丸20-1