テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

 上腕骨外側上顆炎は肘の外側(上腕骨外側上顆)付近に付着する前腕伸筋群(短橈側手根伸筋、総指伸筋、尺側手根伸筋)が炎症を起こして痛みが発生します。

 

 別名「テニス肘」とも呼ばれるようにテニスをしている方によく発生する症状です。「野球肘」や「ゴルフ肘」とは別です。

 

 前腕伸筋群は肘の関節となる上腕骨の外側端から手の甲側にのびていき、手首や指を反らす動きをします。

 

 手首や指を反らす動きに対し抵抗が加わったり、何度も同じ動きを繰り返すと前腕伸筋群は炎症を起こします。

 

 テニスでのバックハンドストロークはインパクトの際にボールから手の平側に向かう力が加わり、この力に負けないように手首を反らす力が必要になります。

 

 その力を担う筋肉こそ前腕伸筋群です。この時、前腕伸筋群には引き伸ばされながらの収縮(遠心性収縮)が強要され、強い負荷を受けます。

 

 パソコンの使用でも「上腕骨外側上顆炎」を招きます。パソコンの使用、つまりキーボードを打つ動きが問題になるのですが、キーボードを打つというのは指を曲げる(屈曲)動作になりますので、上腕骨の内側に付着する前腕屈筋群が働きます。

 

 つまり、手首や指を反らす(伸展)動作をする上腕骨の外側に付着する前腕伸筋群には負荷はかかりません。

 

 では、「なぜパソコンの使用で前腕伸筋群に痛みが起きるのか?」と言うと、キーボードを打つ動き(屈曲)には前腕伸筋群は直接的には関わりませんが、前腕屈筋群がその機能を十分に発揮するには前腕伸筋群のサポートが必要になります。

 

 前腕屈筋群と前腕伸筋群は拮抗関係にあります。どちらかがその筋を縮めるともう一方は伸びるような関係です。

 

 この時、伸びた方の筋は張力が高まっています。「でれ~ん」と伸びきったゴムと「ピーン」と張ったゴムでは長さは同じでも、その機能(引っ張る力)は歴然ですよね。

 

 つまり、キーボードを打つ時に前腕伸筋群が働くことで、屈筋群は伸びて張力がアップし、より効率的に指を曲げる(屈曲)ことができるようになります。

 

 ただし、その結果として、前腕伸筋群が使われ過ぎにより、炎症を起こしてしまうとは皮肉なモノですね。

 

 もちろん、「上腕骨外側上顆炎」はテニスやパソコン使用だけが原因で発生する訳ではありません。日常生活の中でも、手首を反らす動作やねじる動作を過剰に行うことで炎症を招く可能性があります。

江南健生堂では「カウンセリング」や「検査」をしっかり行い、症状の原因を見つけ出します。

江南市 整体 肘痛 江南健生堂 テニス肘

 そして、見つけ出した原因に対して整体を行ってまいります。

江南市 整体 肘痛 江南健生堂 テニス肘

尚、肘外側での痛みが強い場合は炎症反応を強くしてしまう可能性があるので、患部である膝外側付近への強い刺激は加えません。腱部(患部)でなく筋腹にアプローチをしたり、必要に応じて、テーピングなどで負担の軽減を図ります。

*パソコンの使用で、症状が強く出ている方は、キーボードの高さや角度を調整するだけでも症状が和らぐことがありますので、試してみてください。

 

 ただし、当店では「首や背骨のゆがみが痛みや不調の根源」であり、「首や背骨のゆがみを整えれば、身体に備わる自然治癒力が活性化し、症状が良くなるのはもちろんの事、症状の再発も防げ、一時的に症状が出たとしても、ひと晩寝れば朝には健康な状態に戻ることができる」と考えますので、「首・背骨の調整」を最優先で行います。

 

 その上で、先にお伝えしたように「カウンセリング」「検査」で見つけ出した原因に対してアプローチをしてまいります。

 その結果、あなたはお悩みの症状から解放され、「快適な日常生活」「素敵な笑顔」を取り戻していただけます。

 

 もし慢性的な「痛み」や「不調」でお悩みなら、まずはお気軽にお電話下さい。

江南市 整体

江南市 整体

江南市 整体

江南市 整体

  月曜日の15時までは「出張整体」で外出しているかもしれません。

 また、お昼休み(12時 ~ 14時)も所用で外出している場合があります。

 当日予約も受け付けております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整体院 江南健生堂

まずはお気軽にお電話下さい

0587-96-8084

0587-96-8084
ネット予約はコチラ
営業時間
AM9:00~12:00、PM14:00~20:00
定休日
毎週 木曜日

〒491-0101愛知県江南市古知野町千丸20-1