自律神経失調症

いきなりですが、あなたは下記のような症状でお困りではありませんか?

  • 全身に「ダルさ」や「脱力感」「倦怠感」が続いている。
  • 急に「めまい」や「ふらつき」「耳鳴り」が起きる。
  • 頻繁に頭の痛みや頭が重たいと感じる。
  • 理由もなく「イライラ」したり、「不安」になったりする。
  • 食欲がないわけでもないのに食事をしたくない。
  • 腹痛とともに「下痢」と「便秘」を何度も繰り返している。
  • 普通に過ごしているだけで「動悸」や「息切れ」がする。
  • 睡眠時間はたっぷり取ったはずなのに寝た気がしない。
  • 冬場や冷房環境下だけでなく、一年中冷えを感じる。
  • 突然、吹き出すように大量の汗が出てくる。
  • 手や足に明らかなシビレや違和感がある。

などなど

 

上記のような症状に心当たりはありませんか?

 これらの症状は一つだけでも毎日のことだとしたら、とても辛い症状ではありますが、中にはこれらの症状が2個も3個も同時にあるいは代わる代わる現れてしまい、日常生活に大きく支障が出てしまう方もいらっしゃいます。あなたは大丈夫ですか?

 

 もし、これらの症状が毎日のように出ていて、病院などのそれぞれの専門科で検査を受けたにも関わらず、ハッキリとした原因が見つからないのであれば、それはいわゆる「不定愁訴」と言われる状態です。

江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症

 検査で原因が特定できないので、当然効果的な治療法は無く、仮になんらかの治療やお薬が処方されても中々効果を実感できません。

 

 そして、最終的には「自律神経失調症」とか「(軽度の)うつ」と診断されたりします。

 

 当店にも病院で「自律神経失調症」と診断された方や病院で診断されてはいないが「自律神経失調症」が疑われる方達が来店されています。

 

 そして、当店の整体を受けて、お悩みの症状が軽減、または完全に消えた結果、今では快適な日常生活に戻られた方がたくさんいらっしゃいます。

 

 そこでこのページでは「自律神経失調症」に対する当店の整体法についてお伝え致します。

 

 あなたのお悩みの症状も良くなる可能性が十分にありますので、この先の文章も読み進めてください。

 

 では早速ですが、そもそも「自律神経」とは何かということから説明いたします。

「自律神経」は読んで字のごとく「自律(じりつ)」神経ですので、意思を持って「動け」「働け」と命令を下す必要もなく、自律して勝手に(オートマチック)にその神経機能を発揮します。

 

自律神経が関わる機能としては

  • 内臓のコントロール
  • 血圧・血流のコントロール
  • ホルモン分泌のコントロール

 などです。

 

 そして、自律神経は「交感神経」「副交感神経」という二つの神経からなり、時間帯やシチュエーションに応じて、それぞれの機能を強めたり、弱めたりしながらバランスを保っています。

 

 「交感神経」は活動性を高める時に働く神経です。

 「副交感神経」はリラックス時や睡眠時に働く神経です。

 

 正常な状態であれば、どちらかの神経の働きが強まった時は、もう一方の神経の働きは弱まるといった形でバランスが保たれます。

 

イメージで表すと

 公園にある遊具のシーソーのようなバランス関係です。

 あるいはクルマの「アクセル」と「ブレーキ」といった関係とも言えます。

  • 江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症
  • 江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症

「交感神経」「副交感神経」それぞれの代表的な働きは下図にまとめておきますので参照してみてください。

江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症

 ところが、なんらかの問題が発生して、この二つの神経のバランスが崩れてしまうことがあります。

 

 本来「副交感神経」の働きが強まるべきところで強まらず、「交感神経」の働きが強いままといった状態や「交感神経」「副交感神経」両方の働きが高まってしまう状態、つまり「ブレーキ」を思いきり踏みながら、同時に「アクセル」も力一杯踏んでいるような状態にもなりうるのです。

 

 そして、このような状態になってしまうと困るのが、先程も書かせていただいたように、自律神経は自律してその働きを行っているので、意思のチカラではどうにもできず、制御不能となってしまい、身体になんらかの不調が出てきます。

 

 それがいわゆる「自律神経失調症」と言われる状態であり、そのように診断されることになります。

 

書籍やインターネットで検索すれば、「自律神経失調症」を招く原因は

  • 過度なストレス
  • 生活リズムの乱れ
  • 急な環境の変化

などといったものがすぐに見つかると思います。

 

また、

「自律神経失調症」の対処法・治療法としては

対処法(セルフケア)として

  • ストレスを発散、解消する
  • 規則正しい生活(睡眠・食事・運動など)
  • 入浴
  • 冷え対策
  • 深呼吸(できるだけゆっくり息を吐く)

医療機関よる治療法として

  • それぞれの症状に応じた薬物療法
  • カウンセリングによる心理療法
  • 指圧・マッサージなどの理学療法

なども挙げられています。

 

 しかし、実際にそれらの原因や対処法・治療法がわかっても、なかなかスンナリと納得できなくはありませんか?

 

 あなたと同じような環境で同じ程度のストレスを受け、不規則な生活をしている人でも毎日元気よく過ごしている方も沢山いらっしゃいます。

 

 百歩譲って、原因はそれらであったとしても、対処法や医療機関での治療法を行っても、全然症状が良くならず、むしろ徐々に悪くなってはいませんか?

 

 確かにこれらの対処法や治療法は一部の方には有効です。しかし、症状がある一定のレベルを超えた中等度・重度の方にはなかなか効果が出ません。

 

 当店に自律神経の乱れが原因と思われる症状でお越しになる方達のほとんどが中等度以上の状態ですので、整体前のカウンセリングでお聞きしましたが、やはりこれらの一般的な対処法・治療法を試しても効果は無かったそうです。

 

 ですが、そんな方達ばかりでしたが、当店の整体を受けることで症状に大きな変化が現れました。

 

 症状が大きく変化・改善した方達に共通して見られた身体的特徴として、整体前の検査にて「姿勢の悪さ」≒「背骨の歪み」が見つかりました。

 そして、その「背骨の歪み」に対し当店で行っている基本整体を受けていただくことで、日に日に症状は改善していきました。

江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症

 ではなぜ?「背骨の歪み」を取り除くだけで、症状が改善していったのでしょうか?

 

 まずは下図をご覧下さい。側面から見た時の人体及び脊柱(背骨)になります。

江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症

 脊柱は側面から見た時に生理的弯曲と言われるS字カーブがあります。

 

 このS字カーブが適度にあることによって、背骨はカラダの重みを分散して支えることができます。

 

 しかし、人によってこのS字カーブは極端に大きかったり、小さかったりと歪み、骨や筋肉に負担が掛かって、カラダに不調を招くことがあります。

江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症

 また、背骨はS字カーブのように前後だけに歪むわけではなく、下図のように左右にも歪むことがあり、前後の歪みよりもカラダの不調に大きく関係します。

江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症

 そこで江南健生堂では、この脊柱の左右の歪みを整えていきます。

 

 特に自律神経失調症の場合、この自律神経の過緊張を正常化させる必要があります。自律神経は下図のように脊柱の左右両脇を上(首)から下(骨盤)に走行しています。

江南市 整体 江南健生堂 自律神経失調症

 当店の基本整体は、まさにこの自律神経に対し直接的にも間接的にもアプローチする手技を行っています。

 

 そして、その基本整体の結果、自律神経の過緊張が取れて、働きが正常化しますので、これまでの不快な症状がとれていきます。人によっては整体を受けている最中からカラダの変化・不調の改善を実感される方もいらっしゃいます。

 

 もし、これまでの対処法(セルフケア)や医療機関の治療法で症状に変化がなかったのであれば、一度当店の整体を試してみませんか?

 

 あなたの原因不明のその症状も「自律神経」の働きを正常化させる当店の整体法で良くなる可能性があります。

 その結果、あなたはお悩みの症状から解放され、「快適な日常生活」「素敵な笑顔」を取り戻していただけます。

 

 もし慢性的な「痛み」や「不調」でお悩みなら、まずはお気軽にお電話下さい。

江南市 整体

江南市 整体

江南市 整体

江南市 整体

  月曜日の15時までは「出張整体」で外出しているかもしれません。

 また、お昼休み(12時 ~ 14時)も所用で外出している場合があります。

 当日予約も受け付けております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整体院 江南健生堂

まずはお気軽にお電話下さい

0587-96-8084

0587-96-8084
ネット予約はコチラ
営業時間
AM9:00~12:00、PM14:00~20:00
定休日
毎週 木曜日

〒491-0101愛知県江南市古知野町千丸20-1